権利パンフより良いものへ見直しへ

岐阜県への要請と懇談

要請書を手渡す、岐阜県労連 森議長(右)と受け取る岐阜県商工労働部 労働雇用課 増田課長

2015年11月5日に岐阜県労連は岐阜県へ要請・懇談を行いました。懇談の冒頭に森県労連議長から11項目に渡る要請書を商工労働部労働雇用課課長に手渡しました。岐阜県労連は岐阜県が毎年発行している労働者の権利パンフについて、労働者が親しみやすく、わかりやすい物を作るように要請しました。これに対し、労働雇用課課長から「これまで、岐阜県労連にも助言をいただきならが少しずつ見直しをしてきた。たしかに法律の用語が多く高校生などに配ってもわかりにくいかと思うので、見直しを検討している。年度内に完成したい。」と語りました。