岐阜労働局へ要請

岐阜県労連は11月12日に岐阜労働局に対して19項目についての要請を行いました。「監督署やハローワークの職員の増員」「パワハラやセクハラなどの労災認定の早期判断」「長時間労働やサービス残業の根絶にむけた、事業所の指導監督の強化」「最低賃金を1,000円以上に引き上げ」など多岐に渡る要請となりました。岐阜県労連は要請の中で「最賃が10月から引き上げられたがタウン誌などの求人には最賃を下回る広告があるので指導してほしい」「労働保険に加入している事業場と36協定を出している事業場に差があるのではないか。残業のない職場がどれだけあるかわからないが、36協定についての調査も行っていただきたい。」「労働安全優良企業公表制度の推進をしてほしい」など要請にかかわて訴えました。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    サービス残業ばかり (火曜日, 09 2月 2016 22:28)

    今の会社に入って定時に帰宅できたことがありません
    サービス残業しかありません
    朝八時半からいつも夜の8時です
    遅いときは次の日の13時や朝の四時でした
    私の時間を返して下さい